ZEXはセントラル短資FXによる日本国内外の金融法人様向けのサービスとなります。

ZEXとは

  • HOME
  • 商品説明
  • ZEXとは

参加者同士が流動性を融通し合う取引サービスです

ZEXは、オークション方式を採用しているため価格の透明性が高く、効率的に取引できるサービスを提供しており、当社は常にニュートラルなCCP(Central Counterparty)として仲介機能を担っています。

ZEXでは国内外の大手銀行やヘッジファンドが、LP (Liquidity Provider)として競争力のある価格を提示するほか、金融機関やFX事業者も指値を提示することで、流動性を高める仕組みです。LPのサポートプライスと参加者の指値の両者によって流動性が形成されるハイブリット方式です。

関連ページ

ZEX取引の特長

独自の流動性

LPが提示するサポートプライスのほかに、参加者の指値を他の参加者が利用できるのが最大の特長です。

指値手数料無料

参加者が提示する指値を積極的に利用することで、LPが提示するBid/Offerで取引するより有利にカバー取引できる場合もあります。マーケットテーカーから見れば、Best Bid/Offerの間に指値が入ることで、マーケットのスプレッドが更に縮小し、取引コストが下がります。
さらに、ZEXでは指値で流動性をつくる場合、手数料はかかりません。
ただし、ほぼ同時に同価格で売買の指値注文が入った場合には、時間が先のものは手数料が無料ですが、後のものは手数料が課金されます。

注文・約定の透明性

取引画面では常に最新の市場での出合い結果が提示されていますが、さらに、パーシャル(部分)約定の許可を選択すると、価格の優位性や、より多くの流動性を獲得する機会が高まります。

効率の高いネットワーク

ZEXのサーバーは大手金融機関のサーバーが集まるデータセンターに設置されており、多くのLPと同一データセンター内でクロスコネクトすることで取引パフォーマンスが高まります。

関連ページ